どうしてビキニラインの黒ずみができる?原因はなに?

ビキニラインの黒ずみが気になり始めたのは、初めて彼氏が出来た17歳の時でした。

 

お風呂に入っているとき、「なんでココ、こんなに黒くなっているんだろう?」と気になり始めました。
ちょうどアンダーヘアが生えているゾーンの両横あたりです。

 

「私が普段からしっかりと洗っていないせいで、汚れがたまってしまったのかしら?」と、自分の身体の洗い方が間違っているのだと思い込んで、そこからゴシゴシと力を入れて丁寧に洗うようになりました。

 

しかし、ビキニラインの黒ずみは一向に薄くなっていく気配がありません・・・。
夏になったころ、彼ににプールへ誘われましたが、どうしてもビキニラインの黒ずみが気になる私は、せっかくのプールへのお誘いを断ることにしてしまったんです。
隠すことはできても、積極的に露出する場所へと赴く気持ちにはとてもじゃないけどなれませんでした。

 

それでも、何とかしてこの黒ずみを薄くせねば!と薄くする方法はないかと調べてみたところ、「繰り返される皮膚への摩擦が原因」ということがわかりました。
「摩擦黒皮症」という名称なんだそうです。
結局、今までご紹介してきた記事にもたくさんつづってきましたが、外的刺激が原因なんですね。

 

身体を洗うときに、ナイロンのタオルなどでゴシゴシと洗うことによって引き起こされることが多いらしく、「ナイロンタオル色素沈着症」と呼ばれることもあるんだそうです。

 

私はよくあるナイロンのタオルで身体を洗う週間があったので、これかぁ!と思いました。
加えて、「きつい下着をつけるのもよくない」ということもわかりました。
ビキニラインでも、特に下着によって締め付けられる部分が黒ずんでいることから、もしかしたらと思ったことはありますが、皮膚に圧力がかかり、色素沈着を起こすことがあるんだそうです。

 

こういった複数の原因で黒ずんでしまった部位をきれいにするためには何を使用したらいいのか?と調べてみると「ハイドロキノン」という強力な美白剤があると知り、試そうかと思っていました。
しかし、ハイドロキノンを処方してもらうために皮膚科を受信すると、ハイドロキノンは効き目が強力すぎるため、肌トラブルを引き起こすことがあるといわれ、断念しました。

 

ピューレパールのような商品が当時あればよかったんですよね・・・。
それからはナイロンのタオルで身体を洗うのをやめ、綿素材のボディータオルを使用するようにしています。
下着を選ぶときも、あまり締め付け感のないものを選ぶように注意しました。
そうすると、お肌の黒ずみがひどくなっていくことはなくなりました。

 

お肌に対して使用するものや身に着けるものは、いい加減な気持ちで選んではいけないのだなぁということを実感した10代でした。