膝の黒ずみの原因はなんなのか?

私は膝の黒ずみで悩んでいました。気づいたのは15歳前後、思春期の頃です。

 

それまで、膝のザラつきやカサつきが気になったことはあっても黒ずみまでは正直気にしてませんでした。
膝全体の黒ずみというよりは、膝小僧と呼ばれる部分の真ん中3〜4cmくらいが特に黒くなっていたんです。

 

思えば、子供のころ私はお転婆と言われるほど活発でした。
かけっこ、スキップ、いたずらなどが大好きなキャンディキャンディの主人公のような感じだったんです(笑)
そのせいか、怪我もなかなか多く、膝は特にたくさん擦り傷や切り傷といったものを作っていた覚えがあります。

 

また、中学時代はバスケ部に所属しており、試合中にスライディングなどで、膝が擦れてしまうのは当たり前のことでした。

 

思春期になり、膝上丈のスカートを履いて出かけるときは、膝の黒ずみが気になるようになっていました。
「他の女の子は私みたいに黒くなっていないのに、私の膝はなにゆえこんなにガサガサしていて黒くなっているの?!」と不思議な気持ちになり、徐々に恥ずかしさがこみ上げてきました。

 

そこで思い出した出来事2つに共通点があるのかどうかを考えました。

 

調べると、どちらも摩擦が関係していましたね。
やはり、お肌への摩擦や刺激が原因となって、メラニンが神秘そうへ入り込んでいくため、お肌が黒ずむ・・・と書いてありました。

 

当時はピューレパールのような良質な商品はなかったため、なるべく摩擦が起こらないように注意しました。

 

黒くなっている膝をじっと見てみると産毛が皮膚内に潜り込むようにして表皮下でくるりんと丸くなっているのがわかりました。

 

なかなか表に出てこないけなので、ムダ毛をそるときにうまく除毛することができていないようでした。
それが余計に黒く見える原因の一つになっているのかな?と思いました。

 

正しいのか正しくないのかは別として、表皮下に潜り込んだ毛をピンセットで1本ずつ丁寧に抜き取ると、多少皮膚が滑らかな肌触りになり、見た目も若干明るい肌色になるんです。

 

それだけではまだキレイな肌色の膝にはなりませんが、多少の効果があるので、これからも続けていきたいと思っています。

 

膝の黒ずみは摩擦が原因だったことを今更悔やんでもどうしようもないので、今後膝を着く姿勢などはしないようにして、刺激や摩擦をできるだけ避けるように意識したいと思っています。

 

膝はズボンを履いていても一番摩擦が大きな部位なので、ズボンもやめたいところですね。